Venture Catalyst?

Venture Catalyst®*というのは我々の造語です。

Catalystは触媒という意味で、ギリシャ語のカタルシス(解放する)を語源とする化学用語ですが、物質同士の反応を加速する化学物質の総称として使われています。それ自体はなんの変哲もない物質ですが、特定のある物質とある物質が化学反応する場に添加されることによって、その反応を飛躍的に促進する機能を持っています。

VCNの創業者である柴田裕之は、スタートアップ企業の支援にはこうした触媒のような機能が必要であると考え、日本の代表的なベンチャー・キャピタルでの実戦経験を経て、10年来描いてきたコンセプトを実現すべく、1996年にVenture Catalyst Network(VCN)を設立しました。

スタートアップ企業がスピード感のある事業展開を行なうためには、株主・金融機関・事業提携先・各種支援企業など、企業経営を取り巻く様々な要素が効率良くかつ効果的に機能することが必要です。VCNはスタートアップ企業の加速度的成長を支援する「触媒」として機能したいと考えています。

インターネット関連ベンチャーが勃興した米国でも1998年頃よりVentureCatalystを標榜するコンサルティング会社が登場しました。成立の経緯や環境が違いながらも、同様のコンセプトが日米で同時期に立ち上がった事は非常に意味深いものと考えています。VCNは日本におけるVenture Catalystの提唱者として、Japan Originalの支援スタイルの確立を目指します。

Mission

「未来は企業が創っている。」と我々は考えています。 「未来は人間の思い込みが創っている。」と言い換えることもできるかもしれません。 人間の思い込みが産み落とした「未来の種」を、具体的な形にして未来へ残すプロセスを担うのが企業なのだと思います。 VCNは未来を生み出す企業活動を支援する事を通じて、様々な未来の創造に貢献していきたいと考えています。 インターネット革命は世界を変えました。これから始まるAI革命は人類を変えることでしょう。 VCNは新しい産業を生み出す化学反応に「触媒」として参加する事によって、未来の日本を支える企業群の創出に貢献したいと考えています。VCNは未来を創る企業家を応援します。

Positioning

VCNが活動を開始した1996年当時、コンピューターの世界は過去10年間にダウンサイジングとオープンシステム化が急速に進展し、インターネットという共通のプロトコルを得た事によりユーザーに対する提供価値が飛躍的に高まりました。 VCNを創業した柴田は、スタートアップ企業を取り巻く支援企業やその仕組みもダウンサイジングとオープンシステム化が進むことが望ましいと考えました。 それから20年。株式市場の整備が進み、独立系VCや事業会社のVC事業への参入、成功したベンチャーで資金を得た個人エンジェル投資家の出現など、スタートアップ企業を取り巻く環境は大きく前進してきました。 共通のプロトコルは今も昔も「共通の経験」であると考えます。VCNは「共通の経験」というプロトコルに支えられたネットワークを構築し、各種サポートを提供する支援グループとのインターフェイスを経営チームに提供します。 VCNはベンチャー・キャピタルでもコンサルティング会社でもありません。 投資家の資金を運用する立場として資本の論理に基づいて企業経営に関与するのではなく、また、外部のアドバイザーという立場でもなく、創業者や経営チームのチャレンジにダイレクトに共鳴するパートナーでありたいと考えています。 未知のチャレンジである新しい航海にクルーの一人として乗り込み、ともに苦労し喜びを分かち合うというのが我々の望みです。 VCNは様々な事例を通じて得た「経験」と「ネットワーク」を持った「もう一人のインサイドメンバー」として経営チームに参加したいと考えています。

Solutions

VCNはスタートアップ企業が成長を加速させる為には良い応援団に恵まれることが必要だと考えています。
創業者や経営チームを中心に、参加メンバー(社員)・投資家・金融機関・事業提携先・各種支援企業などの良い応援団が、タイムリーに強力にコミットしてくれる事が成長を促進します。VCNは次の4つの場面で、良い応援団に恵まれるかどうかが企業成長の成否を分けると考えています。

  • ①シード段階
  • 創業メンバー、エンジェル

  • ②スタートアップから事業立ち上がりまでの成長初期段階
  • コアスタッフ、社員、ベンチャー・キャピタル、インキュベーター、リース会社、銀行会計士・税理士、弁護士、司法書士、弁理士、事業提携先、取引先、監査法人、ヘッドハンティング会社、人材派遣会社

  • ③米国をはじめとする海外への展開を開始する国際化初期段階
  • パートナー企業
    現地コンサルティング会社

  • ④株式公開を挟んだ成長飛躍段階
  • 証券会社、信託銀行、証券印刷、監査法人、IRコンサルティング会社、M&Aコンサルティング会社、アナリスト、ファンドマネージャー、投資銀行、マーケット(株式市場:一般投資家)

  • VCNはそれぞれの成長段階における有力で優良な応援団とのネットワークを構築し、 スタートアップ企業が最適なタイミングで最良の応援団を編成することができるよう サポートします。

Cooperating Partners

VCNは、個別企業の成長過程を通じて、さまざまな投資家や金融機関、専門家、事業会社の方々と共同作業をさせて頂いています。 具体的な事例を通じた「経験の共有」の積み重ねにより、それぞれのサポーターが持つ提供価値やビジネス・ロジックに対する理解が進むことで、より効果的で効率的なサポート環境が構築できると考えています。

  • ●創業支援
  • インキュベーター・エンジェル

  • ●ベンチャー・キャピタル
  • 独立系VC・証券系VC・銀行系VC・外資系VC・投資ファンド

  • ●金融機関
  • 銀行・信託銀行・生命保険会社・損害保険会社・リース会社

  • ●事業会社
  • IT関連事業部・本体投資部門・事業会社系VC

  • ●専門家
  • 監査法人・会計士・税理士・弁護士・弁理士・特許事務所・司法書士・社会保険労務士

  • ●コンサルティング会社
  • 人事コンサルティング会社・ヘッドハンティング会社・人材派遣会社・M&Aコンサルティング会社

  • ●証券会社
  • 営業担当部門・公開引受担当部門・アナリスト

  • ●株式公開支援
  • 公開準備コンサルティング会社・証券印刷会社・IRコンサルティング会社

  • ●投資家
  • 機関投資家・アナリスト・ファンドマネージャー

  • ●メディア
  • 新聞記者・業界雑誌編集部・出版社・TV 等

Profile

Corporate

  • 会社名:株式会社ブイ・シー・エヌ
    (英文名:VCN Group Inc.)
  • 代表者:柴田 裕之
  • 設立日:1996年12月6日
  • 資本金:50百万円
  • 事業内容:スタートアップ企業への資本戦略コンサルティング及び成長支援
  • 所在地:〒150-0021  東京都渋谷区恵比寿西一丁目8番1号 かづさやビル5階
  • Tel:03-5457-1650 / Fax:03-5457-1658
  • お問合わせ:info@vcn.co.jp
  • 主要株主:柴田 裕之 (100.0%)
  • 役員:
  • 代表取締役 柴田 裕之

  • 子会社:
  • 株式会社ベンチャー・カタリスト / 代表取締役 杉浦 元(100.0%)

Venture Catalyst

柴田 裕之(マネージング パートナー)

早稲田大学社会科学部卒。
1985年4月、日本合同ファイナンス株式会社(現、株式会社ジャフコ)入社。審査部に配属され、機械、エレクトロニクス、コンピュータ、ソフトウェア等ハイテク分野の案件審査を担当。300社を超える企業の審査を行い、その内約200社への投資が実行された。数十社の公開事例とともに倒産事例をも経験する。その後、1993年に投資調査部に配属され、情報通信及びその関連分野の調査を担当。コンテンツ関連企業やネットワーク関連企業への投資を推進。
1996年2月に日本合同ファイナンス株式会社(現、株式会社ジャフコ)を退職し、個人ベースでVenture Catalystとしての活動を開始。同年12月に有限会社ブイ・シー・エヌ設立。1997年7月株式会社ブイ・シー・エヌに改組。代表取締役就任、現在に至る。

CONTACT

お問い合わせはこちらから